花 糸

hanaito.exblog.jp
ブログトップ

秋の花たちを刺繍にして・・・コスモス

その2 コスモスたち

秋の花といえば、コスモスですね。
d0043627_1052886.jpg

全国各地に、コスモス畑が出現し、見渡す限りのコスモスが
秋風に揺れる景色は、秋そのものを身体全体で感じ取ることができるとあって、
家族連れでにぎわっていますね。
コスモス畑に迷路ができていたりして、それも楽しみの一つになっているところもあります。




コスモス色
d0043627_106382.jpg

コスモスは、「秋桜」とも呼ばれます。
コスモス色というのは、サクラより濃い紫みのピンクをさします。
昔から、一番馴染みのコスモス色といえますね。

春の桜には、いろいろな色味のピンクから白っぽいものまでたくさんの色がありますが、
「桜色」というのは、薄い紫みのピンクをさします。

コスモスの原産地はメキシコだそうです。
ピンクや白は楚々としてはかなげですが、実際は非常に丈夫で、一重咲き、八重咲きがあります。
色も単色から複色の品種まで随分品種も増えてきています。

かわいいかごに、たくさんのコスモスを盛り込んでみました。
d0043627_1083656.jpg

かごに花を盛るという手法は、刺繍でもなかなか豪華でいい方法だと思いました。
今後どこかで使っていこうと思いました。
d0043627_1092034.jpg

『黄花コスモス』
最近は、黄花コスモスもあちこちで栽培されています。
黄花コスモスの色は、橙色が主流でしたが、きれいな黄色も登場しています。
写真をとった時は、もうそろそろおしまいの時期だったので、あまり綺麗な写真ではありませんが・・・。
d0043627_1011153.jpg

黄花コスモスと名前がついていても、コスモスとは別物で、草丈もコスモスより小さめです。
色は、黄色、淡黄色、オレンジ色などがあります。
d0043627_10114789.jpg

コスモスよりは、明るさと力強さを感じる花です。

コスモスとは別物と分かるように、葉っぱを一枚刺繍しました。
花色は、橙色で・・・。
d0043627_10122912.jpg

d0043627_10125455.jpg


このシリーズに登場するバックは、持ち手を別に作って取り付けるバックではなく、本体と一緒に
布をカットして、一気に縫い上げてしまうので、作り方はいたって簡単です。
それで、いくつもいくつも作ってしまいました。
d0043627_10142239.jpg

d0043627_10165310.jpg

[PR]
by hanaitoh | 2009-11-13 10:19 | 刺繍 | Comments(4)
Commented by ミチ at 2009-11-14 05:05 x
「アルプスの少女のごとき女(ひと)のゐてコスモスの籠かかげて笑めり」三千茶
お久しぶりです。(毎日、訪問はしているのですよ)コスモスを籠に入れるなんて、発想がいいなあ。
刺繍で出来上がってみるとホント豪華でかわいいですね。
キバナコスモスも、元気で、葉っぱが添えられてるのもいい感じ。
一挙に三つも作ったのですか?
相変わらず、精力的ですね。立派!
Commented by グスタフ at 2009-11-14 05:28 x
hanaitohさん、お早うございます。
青空を背景にした、コスモス・・清楚で美しいですね。東京は暖かいんだと分かります・・
籠にコスモス・・いいアイデアです。完成した手提げバック、見事に秋を表現していますね、ピンク色の格子模様もピッタリでステキです。
Commented by hanaitoh at 2009-11-16 14:05
>ミチ様 
このカゴの刺繍は、糸でかごを編むようにしていくので、苦労しましたが、
できばえは、本物のカゴのようになって、苦労の甲斐がありました。
バックは作りかたが簡単だったので、次々と作ってしまいました。
まだまだ登場しますが、刺繍がメインということでお願いします。
Commented by hanaitoh at 2009-11-16 14:12
>グスタフ様
コスモスがちょっと高い石垣の上に咲いていて、見上げると青空が
とても綺麗に写真におさまりました。
青空とコスモスは、秋の雰囲気にはぴったりでした。
ピンクの格子模様は、コスモスに似合っていますね。
これは、ぴったりうまくいきましたが、そうでないものもあります。
そういう時は、もう一つ作ったりします。
それで、次々と同じものがたくさんできてしまいます。