花 糸

hanaito.exblog.jp
ブログトップ

本に親しむ

読書の秋になりました。

涼しい秋風の心地よい時期になりました。

秋の花。彼岸花。街の片隅にもひっそり咲いていました。
d0043627_13292927.jpg

読書の秋ですね。皆さんはどんな本を読んでいますか?

私は、列車での移動の際は、文庫本を持ち歩いて
読みながら時間をつぶします。

今読んでいるのは、浅田次郎「沙高樓綺譚」・・難しい題名だけど
驚きのミステリーです。

そんなわけで、文庫本を愛読するものには、文庫本カバーが必要になり、
いくつか作ってみました。

一つ目は、娘が汚れたので洗ったら縮んで使えなくなってしまったので
捨てるというものを作り直しました。
d0043627_13302397.jpg

そして、同じような作り方で、作ったものが、
その2、その3、その4、その5です。
その2
秋色でちょっと落ち着いた雰囲気に。
d0043627_1332435.jpg

d0043627_13332699.jpg


その3クロスステッチの図柄を生かして。
d0043627_13341796.jpg










d0043627_1335038.jpg


その4
裏布と表のアップリケをお揃いに。
d0043627_1337861.jpg

d0043627_13374011.jpg


その5優しい薔薇の雰囲気を取り入れて。
d0043627_13381825.jpg


栞の紐の先には、ビーズやボタンをつけて、おもりをかねたアクセントに。
d0043627_13385026.jpg


皆さんにも、楽しいカバーで、読書に精を出すことをお薦めします。


読書の秋ですから、もう少し本に触れてみます。





私が、もう一つ今読み進めている本は、「椋 鳩十」です。
なぜ「椋 鳩十」なのか?

椋 鳩十をご存知ですか?
それは、ハイジと繋がりがあったからです。

椋 鳩十は、動物や自然をテーマにした児童文学者です。彼が学生時代に、
恩師から、死について分かりやすい書物を教えてもらおうとしたら、
「死と生は、紙の裏表の様なもので、切り離す事は出来ない。
生きる事がどんなに美しいか分かる本を、貸してやろう。
そうしたら、死ということも分かるだろう。」と、
『ハイジ』(野上弥生子訳)を貸してくれたのだそうです。

そして、裏山の赤松林で、感動を持って読みふけった時、
松林のかなたには、日本アルプスが、
高く高く聳え、夕焼けて、赤く赤く燃えていたのだそうです。

ハイジの本をきっかけに文学を志し、自然の中を歩き回り、
自然を主体に書き表す児童文学者になっていたのだそうです。


私は、子供の頃、いろんな動物が出てきて、楽しいお話だと、
童話集を読んだ記憶があります。

椋 鳩十がハイジの本で、世の中の美しさと、
純粋に生きる事の素晴らしさを心深く感じて、
作家になったと知って 今また、もう一度『椋 鳩十』を読んでみようと
思ったわけです。

図書館から、「椋鳩十 全集」を借りてきて読んでいます。

月の輪グマ・・・命がけで子グマのために滝つぼに飛び込む母グマの姿には感動です。

その他、片耳の大しか,狐島の野犬,・・など動物大好きの人には、
お薦めです。

もう一度、秋に触れて。・・・・
秋の花・・ヨヨノハナ(小さな小さな花で、よく見ないと見落とします)

d0043627_1344523.jpg

[PR]
by hanaitoh | 2006-10-02 13:40 | 雑貨 | Comments(15)
Commented by グスタフ at 2006-10-02 14:55 x
hanaitohさん、こんにちは・・
彼岸花・・とても美しい・・都会の秋を主張していて、存在感があります。
開いて、ビックリの玉手箱ならぬ、ブックカバー・・ステキです。
栞の先のビーズですか?宝石ですね・・アイデア賞です・・
鳩十さんの、松林とアルプスに赤い夕日の話は、感動的です。
私も、この秋、猛然と本を読みたくなりました。愛読書をひもどきます。
ヒントをイッパイ頂きました。有り難うございます。
Commented by lazy_cat at 2006-10-02 20:13
素敵な読書の時間が楽しめそうですね。
クロスステッチ・・昔、小学校の頃夢中になりました。
今なら、肩こりが・・^^;
刺繍の物は豪華で、素敵ですね。
本は乱読。興味を持ったらその作家の物をとことんよんだりも。
Commented by ミチ at 2006-10-03 05:01 x
「捨て去りし過去また拾ふ彼岸花」三千茶
「ヨヨノハナ」は「ハゼラン」の別名でしょうか?小さな可愛い花ですね。私はアップで写すのに苦労しましたが、花糸さんはとても美しく写していて素晴らしいです。
読書の秋、私も精力的に(?)読んでいますが、カバーをつけて楽しんだり、本をいたわったりすることがないのを反省しました。全て「心のゆとり」「心のぜいたく」なのですよね。
Commented by hanaitoh at 2006-10-03 22:05
>グスタフ様
苦労して、秋の花を探しています。やっと見つけた彼岸花でした。
いろいろブックカバーを作って、楽しかったです。
本もしっかり読もうと思いました。

ハイジの本を読んでいて、鳩十さんの話に行き着きました。
私も感動して、ここで紹介したくなったのです。
Commented by hanaitoh at 2006-10-03 22:19
>lazy_cat様
素敵な詩を作られる、lazy_catさんは、詩集がお好きですか?

私は、ミステリー調のものとか、読みやすいものが好きです。

クロスステッチの図案は、布の模様にあった物です。
ステッチそのものが模様になっていて、面白いなと思いました。
さっそく、利用させてもらいました。全部を刺さずに、部分的に刺しました。
Commented by hanaitoh at 2006-10-03 22:30
>ミチ様
彼岸花の俳句 とっても気に入りました。
彼岸花を見るときは、なんだか特別な気持ちになるように思います。

ヨヨノハナという名前しか知らなかったのですが、
小さな小さな花です。(目にも留まらぬほどの)。多分 ハゼランの
別名でしょう。

ミチさんの本のコーナーを参考にさせてもらって、私も読書に励もうと
思います。
Commented by owls2 at 2006-10-05 11:09
1枚目の街の片隅にひっそり咲いている彼岸花。・・・・とてもよいですね・・
もう、そろそろなくなりそうな花ですネ・・・・
・・・・もっと綺麗に撮って上げれればとおもいつつ・・・owlには難しい・・・

花糸さんのブックカバーでカバーされた本は本当に幸せものですね・・・

最後のヨヨノハナはとっても小さな花のようですね・・・・バックの緑が実を非常に良く引き立てています・・・・

Commented by darklady at 2006-10-05 12:38 x
またまたかわいくてきれいなブックカバーですね!
バラの植物がのスタイルも 素適
裏地のやさしさがとてもお洒落な感じ栞のキラキラもアイデアですね

椋鳩十さんのお話 心温まるいいお話ですね
hanaitohさんの語りもとても上手ですね~☆
Commented by hanaitoh at 2006-10-05 21:44
>owls2様
あたり一面彼岸花。なんて所もあるようですね。
一度見てみたいものだと思っています。

ブックカバーで、本へのささやかな感謝の気持ちを表しました。

ヨヨノハナは教えてもらうまで気がつかない花でした。
粟粒のような花でしたから。気が付いてしまったら虜になる花でした。

Commented by hanaitoh at 2006-10-05 21:51
>darklady様
薔薇の模様は、布地にたくさんあって、利用し甲斐があります。
大きな薔薇模様でも、小花模様でも、どれも素敵になりますから。

ビーズは、ほんの少しでちょっと豪華に見えますね。

「椋 鳩十」 は、童話ですから、気軽に読めると思います。
Commented by momijik at 2006-10-06 00:53
私がこのブックカバーを持ったら
見せびらかすために本をカバンに入れずに
手に持って歩くでしょう~~
紐のビーズをチラチラさせて・・・♪

花糸さんの本の話が弾む時
「花糸さんは先生だった時子供達に
いっぱい本の話をしてあげたんだろうなぁ~」
と思うことがよくあります。
それで今このように次から次から
お話が生まれてくるのですね。
Commented by hanaitoh at 2006-10-06 20:28
>momijik様
そうですね。本よりも「ブックカバーが素敵ですね。」なんて褒められたら
嬉しいです。嬉しくて、ご希望ならお作りしますよ。なんて答えてしまうでしょう。

「○○の童話集」なんて本を開くと、知らないお話がどっさり載っていて、
子供たちと一緒になって楽しんでいました。
私には、童話集あたりが、一番似合っていたのかもしれません。
Commented by manali_moon at 2006-10-07 15:44
彼岸花のお写真、とても綺麗ですね。
そっと咲いている感じがとても素敵です。

ブックカバーもどれも素晴らしい仕上がりですね。
とても繊細な薔薇の刺繍に見入ってしまいました^^


Commented by hanaitoh at 2006-10-10 10:51
>manali_moon様 
都会の片隅で フェンスの側に申しわけなさそうに咲いていました。
それでも、目がいってしまうのは、彼岸花が魅力的ということでしょうか。

ブックカバーは小さな物で、写真に撮ったほうが、より豪華に見えています。
こんな小さなものをいくつも載せてしまって、すみません。と謝りたいくらいです。
Commented by ??? at 2006-12-22 15:41 x
Hi, nice site :)