花 糸

hanaito.exblog.jp
ブログトップ

ぐりとぐら


涼しい風が吹いて、空もすっきり澄み渡り、
秋の青空が広がるようになりました。
d0043627_1050172.jpg

こんな秋晴れのさわやかな日は、遠足気分で
ちょっと出かけたくなりませんか?

東京だったら、その辺の山までハイキングとはいかないので、
近くの公園とか、川原とかになってしまうかしら・・・

遠足に行くには、まずはリュックおにぎりですよね。




話がそれますが・・・・
そういえば、昔、子供達と一緒に読んだ絵本に、
野ねずみの兄弟が、秋の山へどんぐり拾いに行くお話があったことを思い出しました。

「ぐりとぐら」の絵本です。皆さんもよくご存知ですよね。

ちょっと寄り道して、「ぐりとぐら」の絵本に触れてみましょう。

ぐりぐら
中川梨枝子(文)山脇百合子(絵)
(中川さんと山脇さんは姉妹だそうです)

ぐりとぐらは双子の野ネズミでいつもお揃いの色違いを着ています。
ぐりは。ぐらは
d0043627_10511317.jpg

三角帽子とつりズボンがトレードマークですね。

「ぐりとぐら」には・・・・

♪ぼくらのなまえはぐりとぐら
 このよでいちばん すきなのは
 おりょうりすること たべること
 ぐりぐら ぐりぐら・・・・・・♪ の歌が出てきます。

これは読み手が自由に歌っていい歌です。
私も自分でふしを付けて好きに歌って、子供達に読み聞かせました。

世界中に、この本を読む読み手の数だけ歌が存在するんですって
・・・・・・・・・なんて素敵なことでしょう。

ぐりとぐらシリーズ4冊には、四季があるのです。

ぐりとぐら・・・秋
ぐりとぐらのおきゃくさま・・・冬
ぐりとぐらのかいすいよく・・・夏
ぐりとぐらのえんそく・・・・・春


ぐりとぐらの絵本は、どれもこれもステキ!!



さて、寄り道はこのくらいにして、本題の遠足の話に戻りましょうか。

遠足には、リュック・・でしたね。

ぐりとぐらの絵本へ寄り道したので、ぐりぐらリュックを作ってみました。
青と赤の帽子とつりズボン  これだけでぐりぐらと分かっちゃいますが、
d0043627_10544171.jpg


リュックのふたに、念のため、ぐりぐらの刺繍をつけました。
d0043627_1054693.jpg

d0043627_10554318.jpg

d0043627_1056525.jpg

遠足には、おにぎり・・・でしたね。

おにぎり用ナフキンに、ぐりぐらの刺繍をして・・・
d0043627_10592459.jpg

さあ!おにぎりもって出かけよう!!。
d0043627_10594368.jpg


でも、(ここで、ため息・・)

このリュックは、小さな赤ちゃん用(1~2歳)。
我が家には、まだ孫がいないのでーす。
仕方がない。当分は、壁掛けにでもして飾っておきましょう。

最近は、インコのピーチャンが、リュックの紐で、頭をすりすりして遊んでいます。
d0043627_110463.jpg


10月の声を聞いて、読書の秋にもふさわしい季節となりました。
次回は、読書の秋で・・・。
[PR]
by hanaitoh | 2008-10-02 11:07 | 雑貨 | Comments(12)
Commented by ひなたぼっこ at 2008-10-02 18:12 x
hanaitoさま

10月に入り、年月の過ぎ去る早さを感じます。
木曽路はだんだん紅葉してきました。
山の姿も急激に変わってきます。
なつかしいですね  ”ぐりとぐら”
手袋でぐりぐら人形を作り子ども達と遊んだものです。
遠足に出かけたりホットケーキを食べたり 森の動物たちも作り
子ども達と絵本の世界を遊びました。
教科書にも載っているんですよね。
より生活を楽しませてくれました。
これは未来のこと・・・・孫が生まれたら遊んでやりたいですね・・・。
Commented by ミチ at 2008-10-03 05:03 x
可愛いグリグラリュックを背にしたお孫ちゃまと楽しく遠足に出かける未来の花糸さんを想像しています。
夢がいっぱいですね。
Commented by グスタフ at 2008-10-03 05:04 x
hanaitohさん、お早うございます。
ぐりとぐら・・なんと、ほのぼのとしたお話でしょう・・春夏秋冬が有ったのですね。
小さな、ぐりとぐらのリュック、これはステキな宝物ですね。ピーコちゃんが、やって来るわけです。今朝は得した気分です・・有り難うございます。
Commented by owls2 at 2008-10-03 22:09
”ぐりとぐら”のお話を聞いて大きくなった子供さん・・・・優しく・夢多いことと思います。

子供に夢・・・・最近の若いお母さんに教えてあげたいですね・・・・
Commented by hanaitoh at 2008-10-05 11:12
>ひなたぼっこ様
10月に入り、秋らしくなりましたね。木曽路は、日毎に秋の深まりを感じることでしょう。毎日眺める山々の色合いが刻々と変化していく素晴らしさは、なんともいえませんね。
ぐりとぐらの絵本は、大人も子供も一緒に楽しめる、大切な世界だと
思います。子供の次は、孫達と、いつまでも大切にしたいですね。
Commented by hanaitoh at 2008-10-05 11:19
>ミチ様
私は、本や読書というと、ついつい絵本に手が伸びてしまい、
いつまでたっても、気持ちが若すぎて困ってしまいます。
先日新聞に、「大人も絵本にどっぷり浸ろう・・特集」があって、
「そうそう、その通り。」なんて、一人満足していました。
絵本の次には、少々難しい本にも挑戦する予定です。
Commented by hanaitoh at 2008-10-05 11:25
>グスタフ様
我が家では、今のところ、ぴーチャンが孫みたいな存在ですが、
お散歩に連れ出せないのが、ちょっと残念なところです。
ぐりぐらのお話はピーチャンには分かりませんが、
リュックは大のお気に入りです。紐の固さが調度いいみたいですよ。毎日、ピーチャン相手に遊んでいます。
Commented by hanaitoh at 2008-10-05 11:29
>owls2様
ぐりとぐらには、ふんわかおいしい「かすてら」が登場しますね。
カステラって小さい時からあこがれのおやつでした。
今の時代は、おいしいカステラを手作りできるお母さん方も多数いると思います。カステラ食べながらぐりグラを楽しんで欲しいなと思います。
Commented by momijik at 2008-10-06 00:52
「ぐりぐらリュック」かわいい♪
おひげとしっぽがまたたまりませんね。

本文はさることながら
レスコメの文章の豊かさにも
花糸さんの一面を見るような気がしますね。

花糸さんのお宅にもらわれたピーちゃん
お幸せです♪
Commented by hanaitoh at 2008-10-06 11:08
>momijik様
いつも、心温まるコメントをありがとうございます。
簡単なちっぽけな手作りを、大げさに紹介して・・・と
密かに気が引けながら、やっております。

自分のページを更新していくのに、時間ばかり使って
多くの皆さんのページを楽しむゆとりがあまりないのです。
サクサクと、気兼ねなくパソコンを打ち込めるようになりたいものだと思っているのですが。

ピーチャンは、「かわいいね。」とか「おりこう。」とか
褒められている言葉は、言葉の響きで分かるらしく、自分でも
覚えて、しゃべくりまくっています。
言葉をしゃべり始めの、幼児のようでかわいいです。
Commented by Rosemari at 2008-10-06 12:39 x
ぐりとぐら、懐かしいですね~~
子供たちが小さかった頃よく読み聞かせしたものです
懐かしさが一気に蘇ってきました

ほのぼのとした雰囲気のリュック、夢いっぱいのリュック・・・・1~2歳の子供が背負ったらさぞ可愛らしいことでしょう
Commented by hanaitoh at 2008-10-07 10:53
>Rosemari様 こんにちは。コメントありがとうございます。
ぐりとぐらの絵本は、親子で楽しんだという人が多いと思います。
この絵本に登場する野鼠は、灰色でなくて薄茶色ですが、
外国には、この種のねずみさんが実際に存在するのだそうです。
ねずみさんは、お話になるととても可愛い存在ですね。

リュックも、ぷっくりして小さくて、可愛いですよ。
背負ってくれる小さな子がいないのが、なんとも残念ですが。