花 糸

hanaito.exblog.jp
ブログトップ

絵本袋

信州では、以前から長年に渡って、保育園の入園グッズの中に絵本袋という物があります。
保育園では、絵本の貸し出しがあって、その時に絵本を入れて持ち帰る物です。
絵本の入るサイズ、ふたつき、肩掛けひも 等の条件があり、お母さん達が手作りしています。

小学校に入学すると、絵本袋が図書袋に名前が変わり、卒業まで使用しています。本を大切に扱う気持ちを育てようとする伝統でしょう。

お孫さんにプレゼントしたいと言う方から絵本袋を頼まれました。
私も自分の子供達に作って以来ですが、今は、手芸店にレシピがあるそうです。
お孫さんの好きなキャラクター模様の生地を選んでもらい、そのレシピを参考にさせてもらいました。

d0043627_140166.jpg

d0043627_1404290.jpg


かわいいのが出来たと大喜びだったとのことです。

d0043627_1411049.jpg


大好きな絵本をいっぱい借りてきて、親子で楽しんでくださいね。
[PR]
# by hanaitoh | 2017-06-01 14:03 | バック | Comments(0)

五月節句のタペストリー

おひな様タペストリーをみた方から、五月節句のタペストリーを作って欲しいと言われました。
私はキルト作りは、ほとんど素人なので、デザインなどすぐには考えられません。
図書館で、季節のタペストリー特集の本を借りて、デザイン等参考にさせてもらいました。
アップリケの布は自分の手持ちの布の中から探したり、どうしても無い物は、キルト用の端切れを買いました。

① 兜飾りのタペストリー
d0043627_13383786.jpg

d0043627_13391565.jpg

d0043627_13395841.jpg

d0043627_13403668.jpg


d0043627_134199.jpg



色合いがシックで、和室に向いた雰囲気になりました。
子供さんは、もっと鮮やかな明るい物を好むだろうと思い・・・

次は、通販の冊子に手ごろな物がないかと探してみました。
ヴォーグの通販の冊子からとても明るい色合いのキット商品を見つけました。
さっそく注文して作りました。

② 兜と菖蒲のパッチワークと刺しゅうのタペストリー

d0043627_13425429.jpgd0043627_13435754.jpg










d0043627_13451843.jpg

d0043627_13455389.jpg

d0043627_13462445.jpg


d0043627_1347249.jpg

明るく鮮やかで、これならお子様も喜びそうです。
そして、洋風のお部屋にもぴったりかと思います。


どちらのサイズも 42×42㎝ くらいです。

五月五日 子供の日に間に合いました。

◎ 四月はようやく花の季節を迎えて、我が家の庭も華やかになりつつあります。

ムスカリ
d0043627_13491827.jpg

水仙
d0043627_13494018.jpg

d0043627_13505578.jpg

チューリップ
d0043627_135015.jpg

d0043627_13503447.jpg

[PR]
# by hanaitoh | 2017-04-25 13:53 | キルト | Comments(0)

リストウォーマー Sサイズ


この冬は珍しくリストウォーマーの注文が入らなかったので、しばらく作業を中断していましたが・・・

以前、私のリストウォーマーを愛用していた方から、体調を崩し入院してだいぶ痩せてしまったので、もう少しサイズの細いリストウォーマーが欲しいと言われました。
そこで、今までは、ガーター56段サイズだったのを、ガーター52段サイズにして、細目の物を作りました。
試しに付けてもらったら、ぴったりになったと喜んで下さいました。

グレー
d0043627_1183917.jpg


ピンク
d0043627_11101063.jpg


ワイン
d0043627_11105822.jpg


桜が咲く頃までに、寒い日もあって(雪が降ったり)お役に立ったかなと思います。

d0043627_11112891.jpg



松本の桜満開 

4月18日 近くの公園で
d0043627_11124728.jpg

d0043627_1113312.jpg

[PR]
# by hanaitoh | 2017-04-22 11:14 | 編み物 | Comments(0)

おまけの和風バック

和風のバック 大中小


更に残った端切れ布をパッチワーク風に使ってバックを作りました。
手持ちの紺色無地の布を合わせて、和風のバックにしました。

裏地は、全部同じチェック地です。

① バック 大

d0043627_1028523.jpg
d0043627_10284394.jpg

d0043627_10291355.jpg


② バック 中

d0043627_10303829.jpg

d0043627_1038192.jpg

d0043627_1032764.jpg

  
入れ口にくるみボタンでアクセントに
d0043627_10312051.jpg


③ 巾着 小バック
d0043627_10325251.jpg

d0043627_10335521.jpg


たんすの肥やしになって眠っていた着物が、部屋着や作業着として、いろんな場面で役立ちそうです。

最近は、着物を洋服にリメイクすることが、とても盛んになっているようです。
私も、更に勉強して着物のリメイクに挑戦してみようかなと思いました。

◎ おまけのおまけ

我が家のペット ピーちゃん

d0043627_10395020.jpg

d0043627_10401042.jpg


私の肩に止まってご機嫌なところを、パチリ!
[PR]
# by hanaitoh | 2017-03-21 10:42 | バック | Comments(0)

作務衣作り

以前、作務衣を作りました。
それをみたお友達から、旅行に持っていって、ホテルの部屋着などにしたいので作務衣を作って欲しいと頼まれました。

若い頃に着たウールの(絣柄)アンサンブルが材料です。
扱ったことのない素材で、うまく出来るか心配でしたが頑張って作ってみました。

アンサンブルだったので、布地はたくさんありました。
それでも痛んだところもあったので、裁ち方が難しく柄の合わない所も出てしまいましたが、私の技術が未熟と言うことで大目にみてもらいました。


○ 作務衣の上着
d0043627_12291693.jpg

 
 袖口を小さくしてゴム無し
d0043627_12295316.jpg


○ 作務衣のズボン
d0043627_12303988.jpg


  脇ポケットで使いやすく
d0043627_1231997.jpg


d0043627_12323435.jpg


○ あまり布でポンチョ
  (アンサンブルの羽織身頃部分の布が残っていたので)
d0043627_1233583.jpg


d0043627_12335472.jpg

[PR]
# by hanaitoh | 2017-03-13 12:37 | その他 | Comments(0)