花 糸

hanaito.exblog.jp
ブログトップ

秋の花達を刺繍にして・・・タデ

その3 タデ


d0043627_10231766.jpg

イヌタデはアカマンマと呼ばれ、女の子のママゴト遊びに使われ、いつの時代も親しまれています。
d0043627_10235288.jpg

ヤナギタデ(ホンタデ)のほうが、葉に辛味があって山菜として利用されることと比べると
辛味がなく、役に立たないから「イヌ」がついて「イヌタデ」となったらしい。

「タデ喰う虫も好き好き」の言い伝えがありますが、このタデは、ヤナギタデのことだって。
私は、イヌタデとヤナギタデの区別がつかないから、ちょっと葉っぱを食べてみようかなと思っています。

とても地味な花なので、バックに刺繍してもあまり主張せず、おしとやかな雰囲気です。
d0043627_10253963.jpg

d0043627_10261228.jpg

d0043627_10264174.jpg

d0043627_1027071.jpg


バックひとつでは、あまりに寂しいので、お買い物に使うマイバックにも刺繍してやりました。
(お財布ひとつを入れるので、小さな手提げです。)


d0043627_10275882.jpg

今使っているものが、汚れて古臭くなったので、早速使おうと思っています。
でも、やはりこちらもかなり地味ですね。
d0043627_10282873.jpg

マイバックだから、こんな感じで調度いいかな。
d0043627_10295824.jpg

それでは、お買い物に行ってきまーす。 ・・・・・チリリンリン
[PR]
by hanaitoh | 2009-11-20 10:35 | 刺繍 | Comments(8)
Commented by ミチ at 2009-11-21 05:46 x
「あかまんまどうぞと幼な母さんに」三千茶
ほんとにアカマンマってかわいいですよね。ままごと遊びに必須の花。
でも、最近の子供たちはままごとをするもかなあ?

こんなかわいいバッグに財布を入れてお買い物に行くのは楽しいでしょうね。
Commented by Rosemari at 2009-11-21 11:06 x
タデは人知れず地味に咲き雑草と思われていますが一枝取って一輪ざしに活けるととっても可愛らしく変身します
花糸さんのバックも可愛らしく変身しましたね
Commented by hanaitoh at 2009-11-24 14:06
>ミチ様
そういえば、その辺の空き地や公園で、シート(昔は、ゴザ)を広げて
オママゴト・・・なんて光景は、目にしませんね。
保育園では、ごっこ遊びでよく見かけましたが・・・。
今は、私達の子供の頃のように、近所の子供同士外で遊ぶという光景が
なくなりましたね。
Commented by hanaitoh at 2009-11-24 14:14
>Rosemari様
この写真は、近く駐車場の片隅に咲いていたものですが、
今でも綺麗に咲いています。
タデは丈夫で、花期もかなり長いことがわかりました。
そのあたりがほんのりピンク色に染まって、雑草でも、目を引く花だと思います。

タデの刺繍で、おしとやかなやさしい雰囲気のバックになりました。
Commented by akiko at 2009-11-25 19:03 x
同じ形のバッグですが、どれも刺繍が可愛くてそれぞれに個性を主張していますね。
ピンクのコスモスの籠のステッチがとても気になります。
花糸さんのように本格的な刺繍ではありませんでしたが、むかーし母が作ってくれた、籠盛りの花を胸に刺繍したベストが大好きだった事を思い出し心が温かくなりました。
Commented by ひなたぼっこ at 2009-11-26 11:04 x
晩秋 穏やかな天気です。 お久しぶりです
折々に咲く季節の贈り物を、素敵にアレンジして作品に仕上げていく事
おじゃまするたびに心が和みます。
バッグ等は、手前利用ですか?それとも 販売されているのですか?
手頃な、バッグはいいですね。
Commented by hanaitoh at 2009-11-27 21:02
>akiko様
もうすぐ12月で冬が来るというのに、いつまでも秋の花で申し訳ありませんが、作品の都合でもう少し続きます。
コスモスのカゴの刺繍は、初めてやってみましたが、本当のカゴのようになって、びっくりしてしまいました。
また、このステッチはどこかで生かせそうです。
akikoさんのお母さんも手作り派のお母さんだったのですね。
私も、子供時代を思い出すと、胸があつくなる年頃になりました
Commented by hanaitoh at 2009-11-27 21:12
>ひなたぼっこ様
コメントありがとうございます。
季節を追いながら、何かしら作っていると、あっという間の一年になってしまいます。
このページを開いて、季節ともに楽しんでもらえて光栄です。
このバックは、同じ形でたくさん作ってしまいました。
(使い道があって、数が必要になったので。)
いろいろ作っていますが、欲しいという方には、時には販売する場合もあります。