花 糸

hanaito.exblog.jp
ブログトップ

赤毛のアン パートⅡ

前回 「赤毛のアンと腹心の友ダイアナ」のページを作るにあたっては、
もう一度アンの本を読もうと図書館へ出かけました。
数回 足を運びましたが あいにく アンの第一巻はいつも貸し出し中で借りられません。
そこで、私が訪ねた所は?・・・・
 街の中。 喫茶店です。 名前は半杓亭(ハンシャクテイ)。
d0043627_12221238.jpg

 全体の雰囲気は、竹久夢二の世界がぴったりといったところでしょうか。
d0043627_12293910.jpg
d0043627_1231229.jpg

 お店の方も和服の素敵な美しい方です。
 (写真で紹介するよりは、直接お店をお訪ね下さい。本当に綺麗な方です。)

 コーヒーは こんな感じ。やっぱりちょっと和風かな?
d0043627_1232291.jpg

 ところで、アンの本はどうなったの?
 そうなんです。このお店の奥を見て下さい。

 なんと図書館付なんです。
d0043627_12341094.jpg


 絵本から仏教関係のものまで いろいろあります。
 3ヶ月 無料で借りられます。
 さっそく、アンの第一巻を借りました。
 おいしいコーヒーを飲みながら、好きな本を借りて しばし 読書にふけった     
 のです。

「赤毛のアン」パートⅡなのだから アンにちなんだものはどうなったの?

そうそう、それを登場させなくては。
今回はパートⅡなので アンの小物にしておきます。

〇グリーンゲイブルスをイメージした ランチョンマットです。
d0043627_13191483.jpg

d0043627_1321722.jpg
以前作った物が、だいぶ使い古されて汚れてきてしまったので新しくしました。








〇ふたつきの小物入れ

 どこにでもある こんなかごd0043627_12481592.jpg








 

これにふたを作って 刺繍をして 中にマットを入れ小物入れに変身です。
d0043627_1250338.jpg








d0043627_13225654.jpg
 
(刺繍は刺繍作家 小林久美子さんデザインを参考にしました)

◎借りた本は、つづきにのせておきます。










アン パートⅡ つづき

半杓亭で借りた「赤毛のアン」
d0043627_130106.jpg

市の図書館で借りた「アンの青春」
d0043627_1321065.jpg

赤毛のアンの本は1巻から10巻までたくさんあります。
おりにふれ、読みすすめたいと思います。
皆さんも時間に余裕があったらどうぞ。

アンの本のおかげで、アンのページが二つもできてしまいました。
 ありがとうございました。
[PR]
by hanaitoh | 2006-01-10 12:57 | 刺繍 | Comments(12)
Commented by momijik at 2006-01-11 02:00
一番ゲット。
↑一度これをやってみたかった~(笑)

花糸さんすごいねー。
今回もとっても迫力・説得力あるよ~。
ランチョンマット・籠も抜群。
それと同じくらい文章もステキ。

半杓亭って?
こんな素敵なお店があるのね。
どこ?
絶対行きた~い。
連れて行ってね。<m(__)m>
Commented by グスタフ at 2006-01-11 12:04 x
見事に変身ですネ・・御見事で~す。源智の井戸のそばに、変わった名前の喫茶が有るのは知っていましたが、まさか、図書つきとは・・今度は行って見ますね。
Commented by Clair1026 at 2006-01-11 21:03
こんばんわぁ~( ^_^)ノ

>ふたつきの小物入れ
これ・・・以前に手作りの本を読んで作った事があります。
あぁ・・・懐かしい。
また作ってみようかなっ。

「赤毛のアン」の表紙が、とっても素敵ですね!
Commented by hanaitoh at 2006-01-11 21:22
>momijik様 いいお店でしょう。源智の井戸の水でおいしいコーヒーを
いれてくれます。 とてもゆったりしていて 時間が止まったようなひと時
と表現する人もいます。今度 ご案内します。
Commented by hanaitoh at 2006-01-11 21:28
>グスタフ様 街中のことなら、詳しいグスタフさんは絶対知っている
お店と思っていました。図書館付というのは、新しい情報でしたね。
小さな図書館ですが、ちょっと読んでみようかな?と気軽に読めそうな
本がそろっていますよ。
Commented by owl_s at 2006-01-11 21:31
とにかく可愛いの一言です。。
楽しく読ませていただきました。。。
こんなところでコーヒを飲みならゆっくり本を読むなんて夢見たいです。。。
Commented by hanaitoh at 2006-01-11 21:33
>Clair様 ふたつきの小物入れ 作ってみたら以外に簡単で、
思いのほか、可愛く出来て、びっくりです。
そのへんにあるカゴを、いくつか変身させてしまいそうです。
Clairさんも是非作ってみてください。
Commented by hanaitoh at 2006-01-11 21:45
>owl_s様 このお店のお姉さんが、竹久夢二の絵のような和服の
似合う 綺麗な方です。
綺麗な方の入れてくれる コーヒーの味は 格別です。
落ち着いた雰囲気の いいお店ですよ。
Commented by owl_s at 2006-01-12 23:23
竹久夢二って岡山出身の方です。
岡山駅の近くに日本三名園の一つ後楽園が有りますが、その近くに夢ニ郷土美術館が有ります。
ご案内いたしますよ!!
Commented by hanaitoh at 2006-01-13 20:53
>owl_s様 夢二さんは岡山出身でしたか。
後楽園と夢二美術館 ・・ 岡山行きの目的地が出来ました。
ブログの世界は広い。思わぬ事から新しい知識が増えていく。
感激してます。
Commented by lazy_cat at 2006-01-14 01:07
こんにちわ。
わたしのhpに来てくれてありがと。

お人形作って見えるのですね。
「赤毛のアン」をテーマに人形展したことあるくらいアンの事、好きですよ。

岡山の竹久夢二の生家に彼の作った人形がたくさんありました。
ぜひ、ごらんになってね。

群馬県、榛名山は夢二のアトリエがあった所です。
昨年、竹久夢二伊香保記念館を訪れました。
こちらには人形は無かったですけど、景色の良い所でしたよ。

エキサイト更新少なくて御免なさい。
これからもよろしくね。
Commented by hanaitoh at 2006-01-14 19:57
>lazy_cat様 コメントありがとうございます。
「赤毛のアン」の人形展 見たかったです。
また、ページにアンにちなんだものを 載せてください。

竹久夢二の情報をいろいろありがとうございました。
岡山へも 榛名山へも 行ってみたいと思います。

エキサイトのページ 是非続けてくださいね。
楽しみにしています。