花 糸

hanaito.exblog.jp
ブログトップ

早春賦の思い出

d0043627_20583996.jpg

「早春賦」を聴くと思い出す事があるのです。 聞いてください。




ハルちゃん

 お下げ髪でカルタが大好き。
 でもどういうわけか、自分がやるのは読み札ばかり。
  「い・いったんもめん そらとべていいな」
  「わ・わにゅうどうだ  わっ! こわい」
 なんてすらすらと・・ぜーんぶ読んじゃいます。
 (字は全部は読めないと思うのですが・・・?)
 私は、毎回絵札をとらされました。

そんな ハルちゃんがモデルです。
d0043627_210851.jpg

マチちゃん

 ふっくらほっぺのおかっぱ頭。絵本大好き。
 「グリとグラ」の絵本を読んでといいます。
 1字でも読み間違えると、厳しい指摘が。
 全部暗記して覚えているのに、何回も何回も読まされました。

そんな マチちゃんがモデルです。
d0043627_2111144.jpg

二人そろうと、はるまちちゃんです。
早春賦にぴったりの名前になりました。
この子達は、去年 春を待たずにもらわれていきました。
d0043627_2121588.jpg
 
元気にしてるかなあー・・・。
春を待つこの時期に、ふと思い出しました。


♪ 早春賦 ♪   作詞 吉丸一昌  作曲 中田章
d0043627_2135626.jpg 
一、 春は名のみの  風の寒さや。
  
   谷の 鶯    歌は思えど
   時にあらずと  声もたてず。
   時にあらずと  声もたてず。



作詞家の吉丸一昌は、大分・臼杵の人
 信州・安曇野を訪れて 作詞したそうです。
 
 大正2年(1913年)2月の作








早春賦の碑               

安曇野市 穂高 にあります。
d0043627_21131665.jpg

穂高川とワサビ田に囲まれて。
d0043627_21145527.jpg

今にも雪の降り出しそうな日でした。
安曇野の二月は、まさに歌の通り。

二、 氷解け去り   葦は角ぐむ。
   
   さては時ぞと  思うあやにく。
   今日もきのうも 雪の空。
   今日もきのうも 雪の空。
d0043627_21154798.jpg

毎年、4月29日(みどりの日)に早春賦まつりが開かれるそうです。
[PR]
by hanaitoh | 2006-02-24 21:06 | 人形 | Comments(11)
Commented by momijik at 2006-02-25 13:11
またまたいちば~ん。
どこかに雲隠れしちゃったようなmomijikですが
皆様のブログはちゃ~んと拝見だけは
させていただいています。
失礼をしていて申し訳ないと毎日思っているところです。

「早春賦」だいだいだ~い好きです。
「故郷」と一緒に。

穂高ですもの
花糸さんならではのテーマですよね。
安曇野は私たちの財産だと思いますねぇ。

「ハル」ちゃんと「マチ」ちゃんですか~。
きっとしあわせに春を迎えようとしていることでしょう。
生み出してくださったお母さんのことを
きっと思い出していることでしょう。
Commented by owl_s at 2006-02-25 13:14
皆さんのブログ内容が次第に春らしくなっていますね!!

寒がりのowlにとっても春が待ち遠しい・・・です。

この歌を聴くと『安曇野』を思い出せば良いのですね!!
Commented by owl_s at 2006-02-25 13:18
momijikさんと全く一緒の時間にキーをたたいていたのです。。。。ネ
偶然にご一緒することがちょくちょくあるのです・・・・ヨ!!

momijikさん・・・・赤ちゃんすくすく育っていますか???
Commented by グスタフ at 2006-02-25 14:18 x
ハルちゃん、マチちゃん、二人揃って、春待ち・ちゃん・・なんと、ステキなお話でしょうか・・何処かのお家の宝物になっているのですね。
早春賦・・hanaさん、春はもう、そこまで来ています・・もうすぐですね・・
Commented by Rosemari at 2006-02-25 21:04 x
ネーミングが何とかかわいらしいんでしょう
”ハル+マチ”=”春待ち”ちゃん・・・・・とは
うちの子3人にも素敵な名前を命名しようかしら
うちの子はやはり薔薇の名前で考えてみます
Commented by hanaitoh at 2006-02-25 22:15
>momijik様 しっかり見ていただいて、コメントもありがとうございます。早春賦が二月の作ときいて、あたりを見渡して、なるほどぴったりと
感心してしまいました。

こんな風に、ページに載せると、お人形でも、 元気にしてるかな?
なんて思ってしまうから 不思議です。

Commented by hanaitoh at 2006-02-25 22:20
>owl_s様 安曇野育ちの花糸としましては、おおいに、
安曇野の宣伝をしたくなりまして・・こんな形をとりました。
早春賦=安曇野です。  よろしくね。
Commented by hanaitoh at 2006-02-25 22:36
>グスタフ様 二人で一つ。 本当にいい名前になりました。
今度、お人形をよそへやる時は、是非名前をつけてくださいと
お願いする事にします。
「ハルちゃん、元気ですかー?」なんて聞けるから。
日差しが輝いてきました。
もうすぐ春ですね。
Commented by hanaitoh at 2006-02-25 22:53
>Rosemari様
どんな名前がつくのでしょうか?是非 お願いします。
バラの名前だったら、素敵な名前がいっぱいありますね。

和風も洋風もすきなのが選べますね。

Commented by manali_moon at 2006-02-27 00:39
わ~、どちらも可愛らしい!
そっとそこにいてくれるだけで、その場が明るくなる様な・・そんな雰囲気があります。

早春賦の歌詞にドキッとしました。
>春は名のみの  風の寒さや
今まで何となく聴いていただけの歌詞でしたが、読む程に味わいがありますね。
鶯の想いまで伝わってくる様でした。
Commented by hanaitoh at 2006-03-01 21:25
>manali_moon様  同じように作っていく お人形ですが、
いくつ作っても どこか違ってくるから不思議です。

童謡とか唱歌には、どこか心を惹かれるものがありますね。
日本の原風景を歌ったものが多いからでしょうか。