人気ブログランキング |

花 糸

hanaito.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ばら

バラとのお付き合いが始まって、私の世界は 随分と広がりました。
バラ模様のポーチをお友達にプレゼントしたことで、そのポーチを介して
バラ大好きなrosemariさんと知り合いになりました。

彼女は、現在 バラひとすじ。家の中も外もバラづくしです。
ホームページも作っています。バラ好きの方は、彼女のホームページ
訪ねてみて下さい。
私のバラグッズもHIROKOコーナーとして載せてくれました。
私が、パソコンを始めたきっかけがここにあったのです。バラがパソコンへの
橋渡しとなりました。

バラをテーマにすると わたしもいくつかのページが作れます。
おいおいページに載せていくつもりです。
今回は、バラその1といったところでしょうか。

rosemariさんの家のバラ園です。
本物は、もっともっと素晴らしい。
d0043627_10274865.jpg


バラをきれいに咲かせるには、日々の手入れが大切で 花の一つ一つ
 葉の一枚一枚に愛情を注ぎ育てていかなければなりません。
私にはまだ 本物を育てるのは無理かなと思います。
でも、きれいに咲いているバラを残す方法を考えました。

1.写真を撮る
2.パソコンのKGソフトを通してクロスステッチの図案に変換
3.大きさ、糸色数、布を決める
4.ひたすらクロススッテッチで埋める
5.やったー! 完成。

試作品として作ったものです。

◎ テーブルにおいたバラ
d0043627_10303061.jpg
d0043627_1031534.jpg

d0043627_10324381.jpg







◎ ピンクのバラ一輪
d0043627_10353981.jpg

 













一輪 取り出す



d0043627_114820.jpg














d0043627_10383096.jpg



こうしてどこにもない私のバラが出来上がりました。

額に入れて飾りました。写真でみるバラもきれいですが、糸のバラもきれいです。
一針一針心を込めて刺繍をしながら、バラへの愛情もたっぷり注いできた感じがします。

つぎは、何を刺繍で残しましょうか?

rosemariさんのバラをもう少し見たい方 こちらをどうぞ
by hanaitoh | 2005-08-27 10:25 | 刺繍 | Comments(11)

つづらふじ

d0043627_10223178.jpg












私の知人に、手編みのカゴを作る人がいます。Kさんです。
つるは「つづらふじ」のつるが一番編みやすいそうです。
時期を見て山にとりに入るのだそうです。

これは、フエンスにからんだ「つづらふじ」です。d0043627_10272437.jpg
よく見るとあちこちにヘクソカヅラといっしょになって
からみあったつづらふじがみられました。
まだまだ細くて、かごが編めそうなつるにはみえません。 
ちょっととってみようかと ひっぱってみましたが、手でひきちぎることはできず、なるほどこれなら丈夫なカゴになるなと思いました。




Kさんが編んでくれたカゴが三つになりました。手早く編んでは、
花などを添えてプレゼントしてくれます。

その1

  カゴに長い持ち手がついています。壁にかけて使ってもいいように
できています。
  これには、ドライフラワーを入れてみました。なんだか華やかになりました。
  (ドライフラワーは、私の手作りなのでいまいちですが・・・)

d0043627_10403448.jpg
d0043627_10371532.jpg










その2
   
  これは持ち手とカゴ置きの台がついています。
  少し太めのつるで編んであります。
 
d0043627_1044446.jpg
 
  手作りの花びんにハーブを生けてカゴに入れてみました。
  レモンバームとチェリーセージ。
  小さな植木鉢にすみれなど、一株植えて入れても似合います。

d0043627_10505788.jpgd0043627_11142567.jpg










その3

  ボンネット型のカゴです。これは鉢を入れずに水入れの容器を入れました。
 d0043627_1057833.jpg


 







 庭の花を生けてもらいました。
d0043627_1058492.jpg
d0043627_1059291.jpg
  かすみ草、マーガレット、ギボウシの葉、ルリタマアザミ、
  初夏の感じが出ました。
  (7月 撮影)
  


  


次は、秋の七草でも生けてみようかな?
by hanaitoh | 2005-08-23 11:16 | 雑貨 | Comments(11)

ヒマワリ

d0043627_13282290.jpg

ヒマワリは、太陽の花ともいわれ 青空が良く似合う 夏の花の代表でしょう。

属名(ひまわり属)でいうとヘリアンサスとも呼ばれ これもギリシァ語で
太陽の花の意味だそうです。ヒメヒマワリ、ヤナギバヒマワリなど
多年生のものをヘリアンサスと呼ぶことが多いそうです。

夏の青空と ギラギラ輝く太陽とで、もう暑くてたまらないなんて思っていても
そこに すーと空高く伸びて黄色に光るヒマワリを見ると 不思議と
さわやかさを感じて、暑さを忘れ 思わずみとれてしまいます。
「頑張っているねー」と声をかけて、水まきにも力が入ります。
暑いのが苦手な私でも、ヒマワリをみて、夏は暑くなくっちゃ
ヒマワリが輝かないなどと納得しています。
d0043627_13303748.jpg
d0043627_13335582.jpg


d0043627_13342054.jpg



◎ ヒマワリの花を一輪 手に持つだけで、ヒマワリ娘が誕生します。
  カントリー調の人形には、ヒマワリが一番。
  ワンピースもヒマワリ柄にしました。 名前もひまわりちゃんです。
d0043627_1336585.jpg


  ゴッホのヒマワリもいっしょにして、ひまわり、ひまわりにしました。d0043627_13375141.jpg
  
 




 



いわさきちひろのヒマワリも付け加えて、これでもかひまわりにしました。
d0043627_13424644.jpg


◎ ヒマワリのポーチです。d0043627_13465917.jpg
  









一つ作ったら、たくさん作りたくなっていろんな色のヒマワリができました。
d0043627_13481147.jpg
 


裏からみるとポーチになっているのがわかりますよ。d0043627_13514769.jpg
  







色が違っても 全部ヒマワリにみえるでしょう?
d0043627_1354639.jpg



 
 ヒマワリのお好きな方。
 お気に入りがあったらさしあげます。
by hanaitoh | 2005-08-20 13:26 | 人形 | Comments(6)

ラベンダー



ラベンダーは繊細な色合いの花で 素晴らしい香りを放ち「ハーブの女王」
とも呼べるほどハーブの中では、知名度も人気も ナンバーワンです。

ラベンダーの良い香りにつられてたくさんのミツバチが飛んでいました。
d0043627_11571929.jpg

d0043627_12214018.jpg

写真には、あいにくその姿は写っていません。
写真に昆虫など動くモノを入れることは、私の技術では今の所、
全く無理な話でした。

ラベンダーの株を半球形に丸く仕立てる方法を教えてください。
雑誌や写真などでみかけるラベンダーは、整った半球形をしていて、
一目でラベンダーとわかります。

我が家のラベンダーはまだまだ小さくて、写真に撮ったら、
『どこに咲いているの?』と目を凝らさなくては見えません。

このページの写真は、全てご近所で見かけた、ラベンダーさん達です。
どれも 垣根や植え込みから、斜めに身を乗り出すようにこちらに花を延ばしています。
「みなさーん。みてくださーい。香りをどうぞ。」と言っているようでした。

d0043627_11592893.jpg
d0043627_120878.jpg
d0043627_1212614.jpg


バックにラベンダーを表す手段として、ラベンダーをコップに生けてみました。
ミントの葉を添えて・・・・・。

d0043627_1272599.jpg

d0043627_1291970.jpg



ミツバチさんは、クローバーの時登場させたので、ここではてんとう虫さんに
出てきてもらいました。

d0043627_12313267.jpg
d0043627_12142531.jpg

ハーブをプレゼントします。
 はいどうぞ!!  素敵が香ります。
  
Herb present
by hanaitoh | 2005-08-07 12:46 | バック | Comments(5)