人気ブログランキング |

花 糸

hanaito.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

小さな花シリーズ その⑤

その⑤ 春の原っぱ

五月もそろそろ終わり。六月の声が聞こえてきそうです。
六月といえばもう、初夏・・夏ですね。

小さな花シリーズも、春の原っぱをテーマにして、そろそろこの辺で終わりに近づいてきました。

春の草っぱらというと、黄色の花が多いと思いませんか?私はそんな気がしています。

例えば、
「オニタビラコ」… 一つ一つの花は、小さな黄色で、これが結構かわいらしいのです。
              咲き終わると綿毛がモヤモヤして、あまり綺麗ではありませんが・・
d0043627_1157238.jpg

「カタバミ」… 葉も花も一目瞭然ですね。種はとんがり帽子です。
d0043627_11583837.jpg
  
d0043627_11585772.jpg
 
 
「スズメノカタビラ」… 厄介な雑草にされています。花は黄色というよりは白ですね。
                刺繍にすれば、特徴があって扱いやすいかな?
d0043627_1201318.jpg


さて、草っぱらで、花摘みをして遊んでいる雰囲気を出そうと頑張ってみました・・・

花は、黄色の花をいっぱい集めてみました。
d0043627_1214438.jpg

d0043627_1221784.jpg

d0043627_1223441.jpg

d0043627_1231697.jpg

d0043627_1235441.jpg

d0043627_1241275.jpg

葉は、「こんな葉っぱ、よく見かけるよね。」と思われるような葉っぱにして、
d0043627_1275093.jpg
d0043627_1281713.jpg
d0043627_1283173.jpg


「みんな、一列にならべ!!。」と号令をかけて、整列してもらいました。
d0043627_129797.jpg

d0043627_1292581.jpg

d0043627_12105847.jpg

これで、春の原っぱバックの完成です。
d0043627_12112612.jpg

d0043627_12115849.jpg

一年中持ち歩くというわけにはいきませんが、春になったら、いつでも出番のバックになりました。
by hanaitoh | 2009-05-26 12:14 | バック | Comments(6)

小さな花 シリーズ④

その④ オオイヌノフグリ

早春の頃、日差しに明るさを感じると、一番先に目にするのは、
ルリ色のかわいい小さな花。オオイヌノフグリですね。
次々に咲いて春が来たことを一番先に告げてくれます。

そんな小さなルリ色の花をモデルにして、バックに刺繍してみました。
刺繍が完成して、バックに仕上がった頃は、もう五月。

あたりの草っぱらを、あちこち探して見ましたが、青い花は見られません。
それぞれの花たちは、精一杯の美しさをその与えられたステージで、
表現して、次の花に舞台を譲っていくのですね。

では、晴れのステージから降りた花はどうなったでしょうか?
オオイヌノフグリのその後が見られないものかと、原っぱを歩いてみました。
こんな感じでした。・・・・
d0043627_1544385.jpg


あっ!小さな小さなルリ色の花です。
d0043627_15451175.jpg

調べてみたら、タチイヌノフグリといって、これは5月頃まで咲いているようです。
花の大きさは、オオイヌノフグリの半分もありません。
探そうと思ってみなければ見つからない花でした。

さて、話をバックのほうに戻しますが・・・
オオイヌノフグリは、花を次々に咲かせながら、地面を這うように咲いていきます。
d0043627_15462619.jpg

d0043627_15464523.jpg

それで、長い一本を、リース風に丸めてみました。
d0043627_1547159.jpg

なんだかとてもかわいらしくなりましたよ。(これは、外ポケットに刺繍しました)

あとは、3本を丸く配置して、こちらも見た目は、リース風です。
d0043627_15474771.jpg

使い勝手のよい大きさ(縦36cm、横34㎝、マチ6㎝)に仕立てました。
d0043627_15481175.jpg

d0043627_1548414.jpg

バックの裏布は、花と同じ空色を使いました。
by hanaitoh | 2009-05-13 15:51 | バック | Comments(6)

小さな花シリーズ その③

その③ ハハコグサ

春の七草の一つで、
正月七日の七草粥にゴギョウとして、入っています。

ゴギョウって何だろうとずーっと思っていました。
ハハコグサを調べてみて、ゴギョウがハハコグサのことだとようやくわかりました。

ハハコグサは、里山の植物と思っていましたが、この東京でも
ちょっとした空き地や植え込みの雑草の中にたくさん咲いています。
d0043627_143222.jpg

d0043627_1434659.jpg

どこをどう見立てて、ハハコ(母子)としたのでしょう。

花の形が独特で覚えやすい形をしています。
花や葉全体がやわらかい羽毛に覆われているような感じで
ふんわりやさしい手触りを想像してしまいますね。

名前の由来を調べてみました。

① 母と子の人形(ひとがた)に由来
② 昔は葉をもちに入れて草団子にして食べた「葉っこ草」が転訛して「ハハコグサ」
③ 葉や茎が白い綿毛を被っていて、母が温かく子を包む感じがするので、ハハコグサ
④ 茎も葉も白い細かい毛に被われているため、「ほうけた」ようにみえるところから
  別名「ほうこぐさ」というものもある
d0043627_1442234.jpg

③の説が、私の「ハハコグサ」への思いとあっているような気がしました。

さて、このハハコグサを一株とってみたら・・・・
これが、思いのほか大きな株でびっくりしました。


この一株を刺繍しましたが、この大きさだったら、何にしようか?
d0043627_145213.jpg

d0043627_146067.jpg

あれこれ考えて、最終的には裏布をつけ、普段使いのかごカバーになりました。
d0043627_1463450.jpg


時には、壁に飾れるように、刺繍で額縁風の枠をつけて、額絵風にしてみました。
d0043627_147973.jpg


d0043627_1473489.jpg


たくさんの花の中から、二輪取ってミニバックに刺繍しました。
d0043627_148392.jpg

d0043627_149945.jpg

バックの後ろ側は、布が足りなかったので剥ぎ足しましたが、
その部分にはオシャレな刺繍のラインをつけたので、剥ぎ目は目立たなくなりました。

d0043627_1410162.jpg

by hanaitoh | 2009-05-08 14:15 | 刺繍 | Comments(4)